TOP50桧原湖2日目

TOP50桧原湖2日目

朝のスタートからエンジンの調子がおかしい2日目…

結果はエンジンが焼き付いてました

しかし、この日はなんとか走ることが出来、帰着まで自分の釣りが出来たので予選を落ちのはエンジンのせいではありません

戦略で負けました

2日目の戦略はシャローのエビ&虫パターン

ウェイトが出づらいディープでは、予選通過が見えないことと、土日に放水を止める桧原湖(=増水)のシャローに差してくるエビパターン、そして晴天2日目の虫に期待して戦略を変えました

途中、虫の熱いスポットを発見し何度もバイトがあるものの、キッカーはスッポ抜けでキーパーしか取れず、時合が終了

カバーのラージパターンにも手を付け帰着前の14時15分にリミット

今回の敗因は戦略

狙う魚の季節感でした

回復系をメインに組んだスタートからの出遅れ

アフターのラージパターンに注ぐ時間の少なさ

そして湖全体で見ればスモールすらもアフターパターンだったこと

試合中の究極の精神状態で数々の思い出や不安が入り乱れる中、正常な判断が出来なかったことが今後の課題

いや、優勝した試合以外は全て

永遠のテーマなのかな

タックルデータ

虫パターン

スピニングロッド6ft
リール2000番
ルアー:トリックトラウトシケイダー(ティムコ)
ライン:G7 トーナメント バルクライン フロロカーボン3ポンド(ラインシステム)

エビパターン

スピニングロッド6ft
リール2000番
ワーム:カットテール3.5(#241)(ゲーリーヤマモト)
ネイルシンカー1/64oz
ライン:G7 トーナメント バルクライン フロロカーボン3ポンド(ラインシステム)

釣りカテゴリの最新記事