TOP50桧原湖 1日目

TOP50桧原湖 1日目

予選落ち45位の結果

どんな戦略で挑み、何が原因で負けたのかを…

今年のスモールは野尻湖&桧原湖ともにスポーニングの進行が早く、プリプラクティスの段階でベッドの魚が少なくなりアフターがよく釣れていたことから回復の早いスモールは、試合にはアーリーサマーパターンになると踏み試合に挑みました

例年ならアフターはミドルのウィードについて回復してからディープに落ちるのですが、今年はウィードの育成より早くアフターに入り、そのままディープへ
(これで季節感が掴みづらくなった)

公式プラクティスでは雨の影響もありイージーに口を使ってくれたディープフラットのワカサギパターン

ベースで3300gを作ってからラージ狙いの時間をいかに多く作れるかを戦略として決行

得意の2インチピンテールのダウンショット(1mリーダー)の必殺メソッドでリミット達成

しかし時間が経つことに、船団も形成されプレッシャーの高まったフラットは沈黙の時間が長くなり、ベースを作りきれずラージへのシフトも出来ずに終了

翌日への不安を残し1日目は40位スタート

タックルデータ

ダウンショット

スピニングロッド6.1ft
リール2000番
ワーム:2インチピンテール#000(ゲーリーヤマモト)
シンカー1/16oz
ライン:プロトタイプフロロ2ポンド(ラインシステム)

釣りカテゴリの最新記事