奥泉ガイドサービス

奥泉悠介による野尻湖バス釣りガイドのご案内

*

プリプラ最終日

   

北浦練習5日目。

最終日です。

今日も『今を釣る』下準備。

地道に魚探掛けして、良さげな地形変化をGPSにうち込み。

次の試合で活きるかは分かりませんが、条件が揃った時にランガンするポイントとしてレパートリーに入れときます。

思い出フィッシングはTOP50に通用しない。

プラクティスで釣れなくても、いつかの試合で役立つ日が来るでしょう。

思い出巡りをせず、今を考えて釣るスタイルはTOP50昇格2年目あたりから、出来るようになってきた。

風、湖流、太陽の日射角度、水温変化、シェード、ベイト、容存酸素をはじめとして始まる食物連鎖などなど。
試合中は頭をフル回転。

だから、釣らないプラクティスの重要さも良く分かっています。

プラクティスは釣れる場所を見付けても、試合日は季節が進行して変わってるわけだから、意味無し。

それよりも、地形把握。

プラクティスだから釣れる釣れないは二の次。
試合で釣ればいい。

でも途中で、魚を触りたくなったからA-OK投入!

今の北浦水系のバスの状態掴めてきたよ。

試合日のバスの状態と釣れる場所も、おおよその予想はついてきた。

あとはこのプラクティス禁止期間の2週間の茨城県の気候を日々チェックして、季節の進行をイメージ。

そのイメージを公式プラクティス2日間で予想と現実の誤差を修正して試合を迎えようと思う。

相棒はエンジン整備で預けて帰ります。

去年までは試合で全力を出し切ることを主にして戦ってきたけど、最近は『勝つ』ことだけを意識するようになってきた。

勝ち方が分かった今、成績を出すことだけを考えて練習出来てるから、自分の中のメンタルがいい具合に仕上がってます。

ホームラン狙うと大振りになる分、三振しやすいように、
TOP50も優勝狙いすぎると外した時、予選通過すら出来ないんだけどね。

プリ、ミッド、ポスト(アフター)、アーリーサマーと狙う魚でエリアと釣り方が違うから、他の選手の動きも気にしつつ、どの魚が確率論として戦えるのか考えると今からワクワクする。

野尻湖、桧原湖ガイドやってます!
日本最高峰のステージ『TOP50』で培った技術と知識を惜しまずお伝え致します。
もちろん初心者、女性、学生さんも大歓迎!
引きの強いスモールマウスバスを釣って一緒に楽しい思い出を作りましょう!
1年で一番簡単に釣れるアフターの季節到来しました!
御予約受け付け中です。
奥泉ガイドサービス

 - 釣り