奥泉ガイドサービス

奥泉悠介による野尻湖バス釣りガイドのご案内

*

今年の発見

   

もうすぐ師走!

寒く忙しくなり、スモールマウスのシーズンも終了となりました

奥泉的今年一番の大発見となったリグとスモールマウスバスにおけるベイトフィネスタックルの可能性を、振り返ってご紹介したいと思います

3.5gのリーダーレスダウンショット+レッグワームノンソルト

野尻湖や桧原湖などのスモールマウスバスにおける『リーダーレスダウンショット』の有効性

本来、リーダーレスダウンショットはカバーやウィードなどをベイトタックルで攻めるリグなんですが…

奥泉的にはこれをディープフラットでワカサギを追いかけ回しているスモールマウスバスに使います

動かし方はフットボールと同じリフト&フォール

スピニングで扱うダウンショットでも無い、ベイトタックルで扱うヘビーダウンショットでも無い、その中間にあるリーダーレスダウンショット

これには3.5gという有効性があるんです

スピニングだと軽いシンカーしか使えず、操作性やボトム感知などがビギナーには難しい
ベイトタックルだとラインも太く見切られやすい&シルエットの大きいルアーになりスレやすい

3.5gという中途半端な重さだからこそ、スピニング、ベイトタックルには使いづらい重さなので、ベイトフィネスタックルの出番となります。

『スモールはフォーリングに弱い』
『スモールは誰もやってない釣り(見たことがない動き)に弱い』
このスモールマウスバスの性格の弱点を突く釣りです

3.5gのベイトフィネスタックルによって、ベイトタックルのフットボールよりも軽いリグためフォーリング時間を長く取れる(バイト率アップ)
スピニングより手返しが早く、確実にボトムを取れる(中層に浮いてるスモールがボトムまで追い込んで喰うからここが大事)
ラインも6~7ポンドなので、切られる心配も少なく太いラインよりもスレにくい

レッグワームはソルトバージョンとノンソルトバージョンとかあるのですが、動きの柔らかいノンソルトバージョンのテロテロ~とした動きがクリアレイクで目の良い野尻湖のスモールマウスバスにはオススメです

まぁ、簡単に言うと

誰もやってない釣りってのは釣れるよ

って話です

奥泉的使用タックル
ワーム:2.5レッグワーム343N/000N
ライン:G7 トーナメントジーン フロロ7ポンド

奥泉ガイドサービス

 - 釣り